SEO対策コラム|基本的に変わらないSEO対策の考え方

成果報酬・月額費用定額SEO対策のSEO-KING
SEO対策の切り札!
成果報酬・月額費用定額の
SEO-KING!(セ王)
お問い合わせ

SEO対策コラム

HOME 》SEO対策コラム 一覧 》[第14回] 基本的に変わらないSEO対策の考え方

[第14回] 基本的に変わらないSEO対策の考え方

最近はパソコンや携帯だけでなく、プラットフォームの多様化や変化が進み、さまざまなプラットフォームからWebコンテンツが閲覧できるようになっています。
一方、SEO対策の効果的な方法や手法は、数年単位で変化している傾向がありますが、基本的な方法や考え方はほとんど変わっていないと感じます。

それは何かというと、

"検索エンジンに好まれるWebコンテンツを形成する。"

に尽きます。

それこそ、年代ごとに評価される(上位にピックアップされる)基準自体はことなりますが、検索エンジンの判断基準に沿ったWebコンテンツ及び構成を意図することで、検索上位への表示される可能性は高まります。

古くはドメインのアルファベット順の早い方、メタタグ内やH1タグにいかにキーワードを詰め込むか、異なるドメインからいかに被リンクを受けるかなど、その時々で評価基準はことなるものの、検索エンジンから高評価を得られようとするSEOの根底の考え方は、今も以前も同じです。

最近では記事内容の文章量が多い、文法構造を意識したWebコンテンツが上位に表示されやすくなっていますが、これも多くの同類コンテンツが無造作に増加することで、もはや効果は見込めなくなっています。

すでに効果的であるいうSEO対策が多くの人に知れ渡ったとき、その施策はあまり効果が期待できなくなってしまいます。

これからはアルゴリズムがさらに高度化されますので、より人に好まれ必要とされるWebコンテンツ作りが重要になり、検索エンジンに好まれることになるでしょう。

ですので、あちこちに散乱する小手先の技術を多用し不確かな情報に疲弊するよりも、自分が実際に検索エンジンを利用して情報を得るときに、どのようなWebコンテンツを利用するかを意識してWebコンテンツを形成するかが、これからはさらにSEO対策で有効となるのではないでしょうか。

PAGE TOP